Loading…

スポンサーサイト

Posted by Takako Tina Takeda on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま

Posted by Takako Tina Takeda on 22.2012 ビスクドール
本日アメリカ、ペンシルバニア州のハリスバーグで開催されていたDAGインターナショナルドールコンベンションから帰ってきました。
一人での参加でしたが現地で日本からのグループさんと一緒になり楽しんできました。
今年もまた授賞式の前のエンターティメントとしてフルート演奏をOfferしていただいたので2曲ほど、演奏してきました。
昨年はフルート演奏だけで目一杯でしたし、震災の後で作れれる気力も無かったりで人形コンクールにはエントリーしなかったのですが、今年は小さいとはいえ個展前でもあるし余裕なんか無かったのですが、せっかくコンベンションに参加するならコンクールにもエントリーしてみようと思いました。
お人形は個展の為に作っていたのだからどれかを出してみようと。
去年から出来た新しい「コスチューム」のカテゴリーにも興味がありました。
今年このカテゴリーには、今までミリーやクリスタルなどたくさんの賞を受賞した方々もたくさんエントリーされていました。
そして今回のコスチューム部門のトップ、ルイス・ヘンドリックアワードに輝いたのは今年のクリスタルアワードも受賞されたアメリカの方でした。
私は後でもらった採点表を見ると、明らかな間違いで2点減点されていました。
その間違いとはドレスの裏地はシルクではなくコットンを使わなくてはいけない、ということでした。
そうだったのね〜、とひとつ勉強になりました。
コンクールに出してなければずーっと裏地もシルクで作ってかもしれないわ。
洋服の歴史では「常識」なのかもしれませんね。
ましてや「コスチューム」のカテゴリーなのだからしっかりみられるわね。

しかしこのエントリーした人形は私が今回一番欲しかった賞を受賞することが出来ました。
「ピーポーズ チョイス アワード」といって
コンベンションに参加した全ての人が、自分が一番気に入った人形に投票して決まる賞です。
「私、これが好きだわ」って思って下さった方が一番多かったということですよね。
減点方式とは別の良いシステムだと思いませんか?
フルート演奏だけでなく、お人形も持って行ってよかったと思いました。
そしてなにより、コンベンションで知り合ったたくさんの方々と触れ合ってこれたことも良い経験になりました。
まぁ、もっともっと英会話が出来れば楽しさも何倍にもなるのでしょうが。
その他にもいろいろなふれ合いがありましたので少しずつご報告したいと思います。

というわけで、
小さいながらも自分の個展の前に何をしとるんじゃ、わたしは!


プロフィール

Takako Tina Takeda

Author:Takako Tina Takeda
「Chante(シャンテ)な日々」へようこそ!
ビスクドールの制作をしています。
日常のいろいろを綴ります。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。