Loading…

スポンサーサイト

Posted by Takako Tina Takeda on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フルート演奏

Posted by Takako Tina Takeda on 22.2011 未分類
今、デンバーではドールコンベンションが開かれています。
私はたった一人でここまでやって来て、参加しています。
コンペティションに出す人形はなかったのですが、DAGのドール誌に私の記事を書いてくれたラクエルさんが何度も誘ってくれたので御礼と友好を深めたく、申し込みのギリギリまで迷ったのですが行くことを決心したのです。
そしたら主催者さんからフルートを受賞式で演奏してくれないかと依頼があり、最初は式が始まる前のバックミュージックくらいのことかな、と軽く引き受けたところ、なんと、ちゃんと紹介されてステージの上で演奏するということで慌てました。
それが、今夜だったのです。
「たかこはミリーを受賞し、二年前にクリスタルを受賞しました。フルートを吹く才能も持っているので今から演奏してもらいましょう」と、こんな感じの紹介だったと思います。
ステージに上がり、まずはご挨拶を。
三月の日本が受けた災害では世界中の方々から援助を受け、ドール協会からも義援金を頂いた御礼、人の繋がりの大切さを感じたことを話し、曲目の紹介をしました。
一曲目は、荒城の月のテーマによるファンタジア。
滝廉太郎によって作曲為れたこのテーマのメロディは歌であり、廃墟のような城を目の前にして、かつての栄華を思い起こしてる情景をあらわしていること、を説明し、2曲目はみなさんご存知の曲です、
どうぞ楽しんでください。
と、このようなことをスピーチしました。
最後の一行に夫からアドバイスされたフレーズを入れたら大爆笑でした。

受賞式が終わってからは会う人ごとに、よかったわ、楽しかったわ、と言ってくれ、半分はリップサービスもあるのでしょうが、とても嬉しかったです。
中でもわざわざ私が座ってる所まで来てくれて、あなたの日本のメロディの曲に感動したわ、と涙を流しながら言いに来てくださる方もいて、私も感動しました。
時差ボケ、胃痛、寒気の中、完璧ではなかったけど、やり終えました。

はぁー(-。-;たった一人で飛行場乗り継いで遥かデンバーまで来て幼児英語で誤魔化しながらもよくやりました、わたし。

明日はコンペティションの展示があるのでよく観て来ますね。
素晴らしい人形がたくさんですよ。
お休みなさい。

プロフィール

Takako Tina Takeda

Author:Takako Tina Takeda
「Chante(シャンテ)な日々」へようこそ!
ビスクドールの制作をしています。
日常のいろいろを綴ります。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。