Loading…

スポンサーサイト

Posted by Takako Tina Takeda on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今出来ることを

Posted by Takako Tina Takeda on 18.2011 未分類
あの日から一週間経ちましたね。
皆様のご無事を祈りつつもはじめは何も手に付かず呆然としていましたが、ご心配して下さった皆様や電話やメールでちっぽけな私を励まし続けてくださった方々に御礼を申し上げます。
アメリカ、ドイツ、台湾などの友だちからもご心配や励ましのメールをいただき、こんな拙いブログでも見て下さってる方がいらっしゃるのだから元気な声を載せなくては、と思っています。

一昨日、仙台に住む叔父からやっと連絡が入り、叔父や従兄弟の家族が無事だったとのことで安心しました。
また昨日は、私が仙台を離れてからも仲良くしていた音楽の仕事仲間友だちから、気仙沼に住むご両親が無事だったという明るいニュースにほっとしました。
しかし未だ連絡の取れない友だちがたくさんいます。
こんな時だから、無事でも連絡取れないのだろうとただただ無事を祈っています。

私のところはマンションの最上階だった為か、揺れが大きくタンスが倒れ、
ピアノや家具の上の物はほとんど落ち、本や食器が飛び出しました。
本来なら午後からフルート教室の日でしたが、たまたまお休みで帰宅難民にならずにすみましたが、
大きな揺れの中でガラガラと音をたてて落ちて来るものを見つめながら、この大きな揺れの中、外に飛び出した方が良いのか、家の中にいた方が良いのかわからず、おろおろとするばかりでした。

揺れが治まって見れば、部屋はステンドやビスクのヘッド、ソフトウェアやモールドなどの割れ物もいっぱいで呆然としてしまいました。

すぐにテレビを付けて速報を見ていると、宮城や福島の津波の様子が映し出されて、なんということ!!
思考停止状態。

原発の事故も重なり、余震の心配もまだまだある中、被災者の方々のことを思うと胸も潰れんばかりですが、
今こそ一人一人が出来ることをし、力を合わせてこの難しい危機を乗り越えていかなくてはいけませんね。

暖房は切り、湯たんぽを抱いて過ごしています。
お湯どころか水さえ足りない方々のことを思うとそれさえももったいないような気がしますがありがたく使わせてください。
パソコンも極力控えて電源を切っていますので、メールにもすぐにお返事出来なくて申し訳ありません。

ガソリンも食糧の買い置きもありませんが、幸いお米はたっぷりあるのでなんとかなるでしょう。

防府の「人形たちの楽園」には2体しか出展出来なくなりましたが、参加します。
一時、防府まで行くのは辞めようとも思いましたが四国に住む母親が私の顔を見れば安心するかな、と思い人形を持ってとんぼ返りで行ってこようかと思っています。

今までの便利過ぎた生活をもう一度見つめ直し、被災者の方々に何が出来るかを考え、
みんなで力を合わせて日本の危機を救いましょう。

プロフィール

Takako Tina Takeda

Author:Takako Tina Takeda
「Chante(シャンテ)な日々」へようこそ!
ビスクドールの制作をしています。
日常のいろいろを綴ります。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。