Loading…

スポンサーサイト

Posted by Takako Tina Takeda on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タッセル

Posted by Takako Tina Takeda on 09.2009 未分類   2 comments   0 trackback

昨日はアンジュさんに教えていただいたお店、”ラ・タピシエール”に行ってきました。
カルトナージュに使えそうなタッセルがあったら見てきたいと思ったのです。
インテリアに使う為の輸入もの中心の素敵なタッセルやロゼットがたくさん揃えられており、しばしカルトナージュのことは忘れて、カーテンを新しくしたら・・ソファのところに・・クッションを作ったら・・とお部屋のインテリアのことを考えてしまいました♪
しばらくインテリアのことを考えることは御預けになりそうですが、ボックスやつい立てに使えそうなタッセルを選んできました。

色も渋くて上品なものから可愛いものまで豊富にある中から選んだ茶とピンクの組み合わせのタッセルはノブに付けたいと思いま。
左のピンクとブルーの可愛いタッセルは今はローラ・アシュレィのファブリックで作った三面鏡の両側に掛けています。可愛い♪

小さめのベージュとグリーンのはボックスに使えそうです。
早速作ってみたいなぁ~。

先日作ったファブリックパネルに掛けておいたままでも素敵です。
こうやって名刺と一緒に挿んでおくことも出来て便利なパネルです。

ところで我が家にもず~っと使ってるタッセルがありまして、


イギリスのアンティーク家具のお店から買ったものですが渋めの色なのであまり主張もせずに一役かっている大人なタッセルです。

タッセルと言えば、もう20年も前のことになりますがアメリカから通販でローラ.アシュレィの生地のカーテンとタッセルを買ったことがあります。
手元に届いたカーテンの柄はあまりにも鮮やかな黄色地に大きな赤い薔薇柄だったのですが、カタログで見た時には素敵だったのに、自分の部屋にかけようとは思いませんでした。失敗!失敗!(笑)
そして一緒に届いたタッセルはこれまた今まで見たことも無いような大きな大きなタッセルで全然イメージと違っていたのでがっかりした覚えがあります。
使わなかったけどどこかにしまってあったかも、と探してみました。


今のカーテンにしてみたら大きさ的には大丈夫みたいですね。
この大きさのタッセルでお色もデザインも素敵なものがラ.タピシエールさんにたくさんあったので将来カーテンを新しくできたら買いに行きたいと思います。

それまでは今の控えめなタッセルを(これもけっこう気に入ってます♪)楽しんでいたいと思います。

主張するもの、しないもの、いろいろバランスを取りながらインテリアも考えて行けたら楽しいだろうな~。

ティナ先生 こんにちは。
 素適なタッセルを選んでいらしたのですね。茶色とピンクの、このパネルにもぴったりな雰囲気です♪
 ロゼッタの凄いのもありますよね。迷ってしまうくらい。
3面鏡、布でつくるとまた素適なイメージになるんですね、柔らかくて、2色のタッセルもお似合いです。アンティーク家具やさんのはこちらの家具にしっくり似合っていますね♪素適なカーテンのお部屋ですね♪
2009.08.10 10:45 | URL | victorian_bonnet #79D/WHSg [edit]
アンジュさん。
そう!ロゼットが素敵でしたよね♪
いろいろに使えそうだし色も綺麗だったししばし見とれてきました。
これもカルトナージュの蓋にタッセルと組み合わせて付けてみたいです♪
今のカーテンは白地で部屋に馴染んでいるので気に入ってるのですが華やかなカーテンも可愛いですよね。カーテンもお着替えしたいけどなかなかできないです。
インテリアの本を見て夢の国で遊んでるだけでも幸せです。

いつも素敵な情報ありがとうございます♪
2009.08.10 19:11 | URL | ティナ #79D/WHSg [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://dolcecrema.blog104.fc2.com/tb.php/493-7029fd6f

プロフィール

Takako Tina Takeda

Author:Takako Tina Takeda
「Chante(シャンテ)な日々」へようこそ!
ビスクドールの制作をしています。
日常のいろいろを綴ります。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。