Loading…

スポンサーサイト

Posted by Takako Tina Takeda on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前髪

Posted by Takako Tina Takeda on 02.2008 ビスクドール   6 comments   0 trackback

前髪ひとつでお顔の印象って変わりますよね。

このドイツの大会に出たE.J.は1870年前半のデザインのドレスを着せたので髪型もそれに合わせて、前と横の髪を後ろに流しトップで結ぶようにしました。
その年代のラ・モード・イラストレに描かれた女の子は皆、前髪も後ろで結んでいたのです。
でもその髪型って、うちのE.J.には超!似合わなかったのよね~!(笑)
前髪を全部後ろに流してしまってもおかしいので後れ毛のようにぴろぴろ~と細く巻いて垂らしてました。
ホントはもっとフワフワな感じにしたかったけど、コンクールはしっかり巻いてる方がよいようで・・


ドイツから帰ってきて、前髪を付けてあげたくなりました。
少し、大人っぽい髪型に無理矢理されてたみたいなE.J.は表情も変わりました。

ん~♪落ち着いたわ~♪
後ろの縦ロールも少しビローンと伸びました(笑)

おお、前髪でずいぶんと雰囲気かわりますねー前髪くるくるはちょっと大人っぽい雰囲気?
なお、前髪を切る、というのは1880年代には髪型では冒険的かつ先端の流行だったようです。かのモンゴメリは少女のころ、前髪切りたかったのに、祖母に反対されてできなかったらしいですわ。
新髪型で最先端流行になったEJちゃんですね♪
2008.12.02 23:28 | URL | Mコサ #79D/WHSg [edit]
はぁ!そんなんすかー!
1870年代のラ・モード・イラストレには前髪下ろした子がいなかったのはそういう訳ですか!
1880年代で冒険だったのですから70年代だったら「とんでもない!」ことだったのかしら?
でもこのE.J.は勝ち気な表情してるから、流行の最先端も最先端を得意げにやっちゃった、って感じですかね(笑)

そういえば日本髪だってみな前髪は上げてますもんね~。
日本の1870年代というと明治初期か。
江戸時代から急に西洋文化が入ってきたころよね。
日本でもその頃は、前髪短い女性なんていないに等しかったかもね~。
日本髪結って前髪垂らしてるのって、漫画の「あんみつ姫」くらい?(笑)
2008.12.03 00:01 | URL | dolcecrema2 #79D/WHSg [edit]
えーー!!そうなんですか!!。Mコサさんは時代の事をよく知っているのでお話が為になります。
そっか・・昔そういえば前髪ぱっつんは居なかったですね
あんみつ姫は「おきゃん」だったから前髪あるのかしら??

現代の若い方達も前髪を作らない子達が多いですが、少しでも若く見せようと顔を小さく見せようと常に「前髪命」の私は昔なら最先端なのね 嬉
2008.12.03 07:56 | URL | Takako #79D/WHSg [edit]
うふふふ!うんうん!前髪は大事よね~。
わたしなんかちょっと前髪が短くなっただけで「おっもろー!」な顔になります。

その時代のドレスや髪型、小物など、困った事があったらMコサさんに聞けばなんでもわかります。
こないだ、お袖のことを聞いたらその事だけで一時間は過ぎてしまいました(笑)
2008.12.03 19:28 | URL | dolcecrema2 #79D/WHSg [edit]
そんな知ってませんてば・・・・・かいかぶり、かいかぶりだって。あの時の話は顔から火がでるから~勘弁して~

ちなみに、フランスで流行してても、カナダのプロテスタントにとっては、流行先端いくのは贅沢でダメだったみたいですね。マリラみたいに質素が良しとされたみたい。フランスはカソリックだから贅沢への抵抗感って少ないみたい。
2008.12.04 23:26 | URL | Mコサ #79D/WHSg [edit]
いや~!そんなことないよー。
私にとって例えば1875も1876も大して変わんないけど、Mコサさんにとったら「えらい違い」でしょ。
そういう「こだわり」が熱意、大好き、憧れ、などに支えられてMコサワールドが出来ているのね♪

ほぅ?宗派?によって違うの~?
その家の家訓や家柄や伝統などで違うのかと・・
マリラのモットーは日本だと「質実剛健」だったかもね。
飾り付けがなく誠実に、しっかりと。
だからアンは素敵な女性になれたのよね。
2008.12.05 11:10 | URL | dolcecrema2 #79D/WHSg [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://dolcecrema.blog104.fc2.com/tb.php/384-b7de1c26

プロフィール

Takako Tina Takeda

Author:Takako Tina Takeda
「Chante(シャンテ)な日々」へようこそ!
ビスクドールの制作をしています。
日常のいろいろを綴ります。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。