Loading…

スポンサーサイト

Posted by Takako Tina Takeda on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりごと

Posted by Takako Tina Takeda on 20.2008 未分類   0 comments   0 trackback

最近のうちのお窯、疲れてきたのか仕事が遅い。
初めの頃はビスク焼成に7,8時間で焼き上げてくれたのに、だんだんと12時間くらいかかるようになり、今じゃ20時間。
一日がかりだ。
それでもきちんと綺麗に焼き上げてくれるのだけれど。
ニクロム線、変え時かな~。

ここ何日か、ミニチュアビスクのお顔を磨いたり、目をカットしたり、描いたりしてたら肩凝り重症。
昨日は胃が痛くて吐き気までした。
あまり集中しすぎるのはよくないかもな~。
少しペースダウンしよう。

「続・星の金貨」
今再放送してる。
ビスク教室でちゃいさんから、「星の金貨」って最後どうなるんだっけ?、と聞かれ何故か最後のシーンだけは覚えてたので、たしかこうなったんじゃないか、という話をした。
その時再放送してた「星の金貨」は見れなかったけど、先週からの「続・星の金貨」は何回か見た。
全然覚えてないから、きっと当時は最終回だけ見たのかもしれないな。
しかし「続・星の金貨」って「ぼたばら(ぼたんと薔薇)」もマッツァオ!!ってくらい「ありえないでしょ!」ってことが次々に起こる。
胃が痛くなっちゃうくらい「こえ~~!」と思いながら涙ダーダー流しながら見てるあたしって・・
暇人・・・・
でものりぴー(って今でも言うのか?)は可愛いし、大沢たかおはかっこいいし(初恋の人ににてる!爆)竹野内豊は初々しすぎて見てられないけど素敵♪(「冷静と情熱のあいだに」の時は超素敵な俳優さんだと思った。)
この再放送、今日が最終回だけど見ない!
1996年に放送してたみたいだけどその時に最終回見て結末知ってるだけに今じゃ恐くて可哀想過ぎてまた涙ダー!!になるからね。

さて!気分を変えていきますかー!

ガラスの妖精です。
1998年頃作りました。
羽根や細長い葉っぱのガラスカットは難しかったな。

羽根の、ブルー、パープルなど複雑に色が混ざり合ったこのガラスとても好きです。
先生のご指導で透き通った部分と透き通ってない部分を上手に使っていますね。

こちらはステンドグラスを習い始めてすぐに作った妖精。
簡単だけど可愛いです。


ドアのガラス部分にひっかけてます。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://dolcecrema.blog104.fc2.com/tb.php/264-5aec7076

プロフィール

Takako Tina Takeda

Author:Takako Tina Takeda
「Chante(シャンテ)な日々」へようこそ!
ビスクドールの制作をしています。
日常のいろいろを綴ります。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。