Loading…

スポンサーサイト

Posted by Takako Tina Takeda on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある医師の志

Posted by Takako Tina Takeda on 27.2007 未分類   8 comments   0 trackback

昨日の番組でベトナムで眼科医をしているある一人の日本人医師の紹介がありました。

数年前までは日本の大学病院で素晴らしい技術で難しい手術を成功させたくさんの人を救っていた医師。
ある日、学会で隣り合わせたベトナムの医師に「先生の素晴らしい技術をベトナムの医師に教えてくれないか?」と頼まれた。
ベトナムでは手術の技術が無い為に失明する患者がたくさんいたからだ。
医師は大学病院に「ベトナムに行きたい」と申し出たところ、「それならここを辞めてから行きなさい」と言われた。
経済的、精神的なバックアップが何も無い状態で医師はベトナムに行った。

手術中でも労働時間が過ぎれば帰ってしまう、たくさんの患者が待っていても残業はしない。
そういう体制の中で医師は身を以て患者の為に働いた。
手術代が高くて払えない患者の肩代わりもした。
ベトナムでは支持されない手術方法で自らは批判を浴びながらも患者の光を取り戻した。
そういう姿勢がやがてベトナムの若い医師や看護士からの信頼を得たのだ。
揃っていない機具を自腹で買い病院に設置し、若い医師たちに技術を伝授した。

今ではベトナムでも手術出来る医師が増え失明する患者も減った。
医師はそれを見届け今は日本の各地とベトナムを行き来しているのだそうだ。
やがてカンボジアなどにも行きたい、と語っていた。

こんな志も技術も高い医師が、孤軍奮闘して頑張らねばならないのは何故?
地位も名誉もいらない、ただ患者の為になればいい、そういう行為を医師一人に任せてしまい
某かバックアップする仕組みはあるのだろうか?
番組に紹介されたことで経済的なバックアップなどが出来てくるのかもしれない。
しかしそれまで私たちは何も知らず、何も出来ない。

組織の中に守られず、それでも自分の志を貫いている一人の眼科医の話に胸打たれました。

このお話、ずいぶん前なんですが、新聞で読みました~病院やめていかないと駄目ってのが、すごく納得できなかった私。

このお医者様、最初はイバラの道だったけど、その志に引かれて、だんだんに色々な人が集まり、いろんな所から支援者があつまり、充実した組織になったとか。それで今はこのお医者さまは、現地になるべくまかせる方向でいきたい、みたいなことが書かれてました。たしか、これこそが真に現地のことを考えた支援みたいな結びだったかな?それを読んだ時、みてる人はみているし、志を同じくした人が集まるところには、方向性さえうまくいけば、すごいことができるんだな、人間って捨てたもんじゃないな、と思ったんですね。なんで政府系の支援はそうならんのだろう・・・とも。
2007.07.27 23:43 | URL | Mコサ #79D/WHSg [edit]
私も見た~! ほんとはこの前のコーナーの、心霊写真が目当てだったのだけれど。
おもわず引き込まれて感激しておりました!

ティナちゃん、すごい勢いで走り続けてちょとお疲れが出た?
走り続けられるのはとっても素晴らしいことだよ!
でも歩調を緩めるのも立ち止まってみるのも悪くないかも。(笑)

世の中に不変のものは無い! というコトバ、ワタシ好きよ!
状況は刻々変わってゆくのだから、臨機応変に、「まあええじゃろ」って対処していくのも好き。
(投げることもあるけど・笑)

それぞれの状況を楽しもうね~~!!
2007.07.28 08:20 | URL | BAN #79D/WHSg [edit]
Mコサさん、狂喜乱舞のお裾分けPart2も素敵ね!!
色もとても綺麗だし、当時のお嬢や婦人たちがどんなにドキドキして見てたかと思うとこちらまでドキドキ倍増で見させていただきました。
またいつかMコサさんの宝物を見せていただきたいーー!!

このお話、前にも紹介されてたんですね。知らなかったわ。
なんでも成功しちゃったらその人の周りに人が集まるのは当たり前だけど、
大学病院を辞めさせられちゃったこととか、他の医者の変なプライドの為に怒られたり、批判されたり、その為に患者を救えなかったこととか、そんな逆行のなかで高い志を持ち続けるのってすごいことなんだと思う。
そこで普通は「長い物には巻かれろ」になって「しかたないか」ってなってしまってもおかしくないでしょ?
政府の支援よりなにより、私はもっとその医師の身近な上司であり、先輩なり同僚なりもっと力になれる人がいてもよかったんじゃないかと思う。
いろいろな事情で大学病院を辞めなくちゃ行けなかったにしても紹介状のひとつなり、精神的な支援はいくらでも出来たんじゃないかと思うの。
新しい事に挑戦する人に、送り出す人は冷たすぎる、と感じたのよ。
2007.07.28 13:20 | URL | ティナ #79D/WHSg [edit]
BANちゃん。そうだね、休む事も大事だと思う。
前しか見えなくなってるのはよくないからね。
周りを見渡す広い視野や柔軟な考え方は必要よね(ダンナの受け売り。笑)
でも自分の向かって行く方向性だけは見失いたくないと思ってる。
多分いろんな事に対して曖昧さを許さない性格が軋轢を生む事もわかってる。
BANちゃんの臨機応変に対処していく術、ちょっと伝授しておくれ~笑
2007.07.28 13:31 | URL | ティナ #79D/WHSg [edit]
世は狭い環境でも本当に人の為に生きている人って知らないだけで沢山いる。私利私欲、妬み、政治家や医者などの派閥組織がある所は「甘い汁」で生きようとする人で一杯。人の幸せは癪にさわる人達は子供の虐めと同じ、この世の大体がこの状態で組織されているのは残念。社会構造の為に「何か助けたい」。でも巻き込まれたくないと遠くから見ている人が沢山居る。でも自分の本当にやりたい事を純粋な心で突き進んだこのお医者様は強靱な心と世の中の冷たさも分かり切って行動したのかな?苦労しても自分のものさしが持て、世情の冷たさをかわせる冷静さ・。きっと後悔しない人生で、生きている時間が誰よりも感じられると思う。充実した人生にはなるね。周りの冷たさには揺らがない強さと柔軟性があったのね。何も知らずに助けられても気がつかない事が世の中には沢山あると思うので残念です。人らしく生きていくのにも、とても難しくなっている社会ですが「思いやり」は忘れずにプライドとして持ちたい。周りはそんなものと思うのも寂しいけれど事実。冷たくならず感情的にもならずが目標。ティナさんは自分の芯があるのだから大丈夫。綺麗な色の魔法の鉛筆の芯を折っちゃいやよん



2007.07.28 22:56 | URL | Takako #79D/WHSg [edit]
Takakoさん、おはよう!
ちょっと立ち止まってみたら少し見えてきました。
「冷たさをかわせり強さ」「感情的にならない」このお言葉、まさに必要なことですね。
理不尽なことでも批判することは簡単。
こちらが不完全な人間なことには何を言っても「遠吠え」にしかなりませんよね。
まずは益々自分を磨かなければ!
いろんな人の助けを得て自分も生きてる。それをもっともっと感謝しなければね。
柔軟な心を持って根をはっていきたいです。難しいけど。
Takakoさん、ありがとう。
2007.07.30 07:25 | URL | ティナ #79D/WHSg [edit]
ティナ姫
おはよーございまする。
私は不満不平の悶々の割に何も出来ないので偉そうな事は言える立場では無いのでこっぱずかしい。
不満不平が一杯出る、大きな口を「にやり」とさせてくれるのが大好きな作家様達の作品です。
こちらこそありがとう。♪
昨日も赤ちゃん、つんつくつんと遊びました。
また楽しみにしているので沢山紹介していってねー♪
可愛い物って薬より効果あり。がんばれ心のドクター「ぶはははははっ。てぃな姫」
2007.07.30 08:20 | URL | Takako #79D/WHSg [edit]
Takakoひめ~、
あたし、だんだん整理がついてきた。
昨日、人形のドレス縫ってて「ん~~!!可愛いや~ん!」なんて自分でも癒されてました。
考え方ひとつで物事、表と裏、どちらにも響くけど自分の筋は一本通しておきたいですね。うん!!
笑う角には福きたる!わ~~~~っはっはっはっは!!!ってかーー!!
2007.07.31 07:36 | URL | ティナ #79D/WHSg [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://dolcecrema.blog104.fc2.com/tb.php/202-e43dc407

プロフィール

Takako Tina Takeda

Author:Takako Tina Takeda
「Chante(シャンテ)な日々」へようこそ!
ビスクドールの制作をしています。
日常のいろいろを綴ります。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。