Loading…

スポンサーサイト

Posted by Takako Tina Takeda on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かたづけその3

Posted by Takako Tina Takeda on 20.2007 未分類   0 comments   0 trackback

やっと床がまともに見えるようになってきた。
大事にしまってた、お義祖母さまが女学校のお裁縫の先生をしていた頃の見本のエプロンドレスやボンネットも箱の中から出してみた。
たまにはお人形さんに着せて楽しませてね、お義祖母さま。

37cmの子にピッタリサイズのエプロンとボンネットです。
間に合わせに着せちゃったからシルクのドレスの上ですが、いつかちゃんとこのエプロンに合う木綿の可愛いドレスを作ってあげたいと思います。
ボンネットも3重のフリルやピンタックがとても素敵なんです。
義父が昭和2年生まれの三男で、伯父は大正生まれ、義祖母が結婚前のことだから大正時代のもの、ってことですよね!
ミシン目も細かくてとても丁寧に縫われています。これぞプロの仕事!!って感動もの。
こういう確かな手仕事ものが手元にあるのってすごい幸せ。
新婚の頃、私が本を見てちょこっと作った布の人形をプレゼントしたことがあったのですが、その頃はお義祖母さまが和洋裁学校の先生をしてたことを知らなかったので、今から考えたら恐れ知らずの行為でした。(笑)
でもお義祖母さまはその時とても喜んでくれて、
ミシンをだしてそのお人形の着替えを作ろうとしてくださったりしてとても優しい方でした。


この帽子は縦横にピンタックの入ったとても手の込んだ技法で作られてます。
ブリムも2重のフリルにピンタックが入っている。



こちらはちょっと大きめのエプロンドレス。
33cmのタイニーベビーのベビードレスとして着せてみました。
胸元の繊細なドロンワークやいろんな技法のレースが素敵なのです。
こういう丁寧でしっかりした技術のものって後世に残る作品なんですよね。
もうお義祖母さまはこの世にはいないけど、この作品を通していろんなことを私に教えてくださっています。
一歩一歩、丁寧に夢に向かって進んでいきましょう。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://dolcecrema.blog104.fc2.com/tb.php/185-fd1e18dd

プロフィール

Takako Tina Takeda

Author:Takako Tina Takeda
「Chante(シャンテ)な日々」へようこそ!
ビスクドールの制作をしています。
日常のいろいろを綴ります。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。