Loading…

スポンサーサイト

Posted by Takako Tina Takeda on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペレッタ

Posted by Takako Tina Takeda on 11.2007 未分類   2 comments   0 trackback

昨晩はオペレッタ「こうもり」を観に行った。
ハンガリー国立ブダペスト・オペレッタ劇場の公演だ。
オペレッタはオペラに比べて軽く楽しめるものが多い。
「こうもり」は1870年代にヨハン・シュトラウスが作曲したものであるが、オペラやオペレッタはその演出によってまたガラリと様子を変えるものである。
もう10年も前になるがウィーンのフォルクスオーパーで観た「こうもり」とは違い、今回のはお茶の間でゴロリと横になってガハガハ笑いながら観たいような気さくな演出であった。
声質もオペラ歌手とオペレッタ歌手では全く違うような・・
隣のちょっと歌の上手なおじさんが舞台に出てる、ような気さえしてくるほどである。
ちょっとエロチックで大騒ぎの舞踏会、大道具、小道具、衣装、全て時代考証全く無視のコメディ仕立てのオペレッタもまた別の楽しみ方があるのかなぁ、などと思ったりしたのでした。

そして閉店間際の天ぷらやさんで板さんが目の前で揚げてくれる天ぷら定食を食べて上あごをやけどしながらも美味しくいただき帰りました。



そして今朝はこういうクラシックなミニチュアを見て心和むのである。

↑ガラス越しなので部屋のイスの背やカメラが写り込んでますね。すみませーん。

うわっ、花嫁さんの控え室みたいだ!!
いいなぁ。ドレスの下がなみなみしてる。♪
花嫁さんの控え室って神聖な優しい感じでいいよねー
2007.01.12 20:46 | URL | Takako #79D/WHSg [edit]
Takakoさん、花嫁の仕度部屋のイメージなんです、これ。
ドンピシャ!っす。
トルソーは入れ替えたんだけど、ほんとはウエディングドレスのトルソーを入れてたの。ついこの間まで。

このブルーのドレスも気にいってるんだ~♪
下のなみなみはちょっと苦労しました。
っていってもひたすらギャザーの直線縫いだけど、小さいし生地がシルクシフォンだから縫いにくくて・・
ファッション画を見て作りました~♪

花嫁さんの仕度部屋はほんとに神聖で素敵だよね。
もっと作りたいわ♪
2007.01.12 23:33 | URL | ティナ #79D/WHSg [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://dolcecrema.blog104.fc2.com/tb.php/118-2b319daf

プロフィール

Takako Tina Takeda

Author:Takako Tina Takeda
「Chante(シャンテ)な日々」へようこそ!
ビスクドールの制作をしています。
日常のいろいろを綴ります。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。