Loading…

スポンサーサイト

Posted by Takako Tina Takeda on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニチュアドレストルソー ウエディング編

Posted by Takako Tina Takeda on 03.2006 未分類   0 comments   0 trackback

さてさて、7cmのミニチュアドールのローズとマーガレットはおめかしして何処へ行くのだったのでしょう。
それは叔母さまの結婚式へ、だったのです。
叔母さまの着るウエディングドレスを早く見たくて、お仕度部屋まで来ました。
叔母さまは今、髪を結ってもらってます。
そしてそのかたわらにはすばらしいシルクとチュールレースのドレス!!
二人とも憧れの眼差しで眺めて・・・


という場面でしょうか。

このウエディングドレストルソーは昨年12月に木下幸子先生の講習会で作りました。
デザインはRoseyちゃんの持っていたヴィクトリアンのデザイン画を見て先生が型紙をその場でパパっと作ったものです。
たら~んと下がったお袖が魅力的なドレスです。
Roseyちゃんに「同じもの、作らせてもらっていい?」と許可を得たので先生にお願いしました。
先生はあまりパッパと型紙を作るので「どんなのだったか、忘れちゃった~。」
・・・・・
しかし、良い子のRoseyちゃん(笑)はちゃんと自分のウエディングトルソーを持ってきたので
それを見ながらまた型紙を作ってくださいました。


このときの一日講習会では途中までしかできなかったし、レースも染めなければいけなかったので先生のアドバイスを受けて後は家で仕上げました。
先生からいただいたチュールレースは染めるのに失敗しちゃって持っていたアンティークレースを染め直して使ってます。
ボンネットとブーケは1年半程前に作ってたものです。
ボンネットは「ジェイン・エア」の映画を見て先生に写真を見せて同じような形を教えていただきました。
ブーケは布花用の小さなカットされた物を生成りに染めて薔薇のように組み立てました。
これは肩こりの極致まで行くので、もう2度と作りたくないっす。(笑)

そうそう、このウエディングドレストルソーは一日講習会でやってる時に見学なさってた方の「作りたい」というお声がたくさんあったので、先生も「型紙、保存しておこう」とおっしゃってました。
なのでもし「私も作ってみたいわ」と思われた方は先生にお願いしてみてはいかがでしょうか。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://dolcecrema.blog104.fc2.com/tb.php/11-21d1cead

プロフィール

Takako Tina Takeda

Author:Takako Tina Takeda
「Chante(シャンテ)な日々」へようこそ!
ビスクドールの制作をしています。
日常のいろいろを綴ります。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。